2005/11/18(金)〜20(日) 鳥取 カニスキツーリング

鳥取にものすごいシーカヤックエリアがあるとのことで遠征してきました

18(金)夜に出発して、19(土)早朝に鳥取の領土に到達

早朝五時に合流

スタート地の浦富海岸は

日本海に演歌が流れてました 陸上を散策

海の透明度が25mと信じられない地域であることが判明。

そのまま温泉へ突入

休憩していると、なんとなく鳥取と言えば鳥取砂丘という一言が・・・
砂丘まで6.5kmなので とりあえず鳥取砂丘へとくりだしました
ラクダが普段はいるようですが、この日は姿を隠していました。

ところで、なんでラクダって言うんでしょう?日本に初めてラクダが登場したのは江戸時代でした。珍獣として見世物となっていたようです。中国名が「駱駝」であり、正名は「たく駝」でした。「駝」は、<荷を背負う獣>を意味し、「たく」駝とは「たく=袋」をよく背負うことにちなんでいます。(別説では、背中のコブを袋に見立てたとも言われています。)そして、駱駝は「たく駝」の音が訛ったものです。和名は中国名がそのまま輸入されてきたのでしょう。

「すいません、すいません」と何度も声をかけられて、砂丘の上から地上に書いた文字の上での記念撮影をお願いされました。

次へ続く

記念営業イベント目次へ戻る トップページに戻る


お問い合わせはこちらへ