2005/02/05(土) 応急手当講習会 柏崎市 柏崎地域広域事務組合消防本部

2003年に一度受講した講習会から2年。2年に一度は講習を受け続けることが望ましいと言われているので皆さんで受講を計画しました。

本日お集まりの皆さん

新潟市 伊藤さん  
高田さん  
松阪さん  
松屋♀さん  
松屋♂さん  
燕市 五十嵐♀  
五十嵐♂  
長岡市 池田さん  
柏崎市 治面地さん  
下條さん  
部田さん  
十日町市 赤堀さん  
上越市 長田さん  
糸魚川市 五十嵐さん  
小千谷市 お〜の  

 

本日の講習会場 柏崎地域広域事務組合消防本部 玄関に入ると親切な案内がありました 会場で受付を済ませると

テキストをいただきました

大雪の後だと言うのに、皆さん時間通りに集合完了!すごいっ 救急手当ての意義の説明。昨年搬送された心肺停止状態の方の52%が、現場で心肺蘇生などの処置が周囲の人によって行われていなかったという実態の説明がありました。
大出血の止血法。体重65kgの人が約1.5ℓの血液を失うと非常に危険との説明ので行われました。 直接圧迫止血法で止まらない場合の止血帯法。3cm以上の幅のある帯状のもので行いましょうとの注意がありました。(ロープや針金で行ったため、組織損傷で予後が悪化する事例が多いそうです)30分に一度ゆるめなければいけないので、額に何時何分と書いておくとよいそうです

次へ続く

記念営業イベント目次へ戻る トップページに戻る


お問い合わせはこちらへ